ガジェット・家電

一眼レフカメラと一緒に購入したいオススメアイテム3選|カメラバッグやレンズフードなど

どうも。ウォッシャブル池田(@Trickster_EP)です。

一眼レフカメラってなんか難しいですよね。「買ったらすぐ使えるの?」とか「保護フィルムって必要?」とか「持ち運びってどうするの?カバンに入れていい?」とか、初心者の人が気になることってたくさんあると思います。

僕も、一眼レフカメラを買った時は、何を買ったらいいかわからずに色々と調べました。

今回は、一眼レフカメラを買った時に一緒に買った方がいいアイテムを紹介したいと思います。

SDカードは絶対に必要!買わないと泣きます

「当たり前!」と思う人も多いと思いますが、デジタル一眼レフカメラを買うならSDカードは絶対に必要です。一眼レフで撮った写真は、このSDカードに保存されるからです。

僕、ウォッシャブル池田は、一眼レフを買った時にSDカードを買うのを忘れており、一眼レフが目の前にあるのに撮影ができずに1日焦らされて過ごしました。
全裸だったこともあり、正直興奮しましたが、目の前に一眼レフがあるのに撮影できない時間は屈辱でした。

なので、みなさんは絶対にSDカードを一緒に買うことをオススメします。

一眼レフにオススメのSDカード

SDカードは、容量転送速度によって名称や価格が変わってきます。

自分の買おうとしている一眼レフがどのSDカードに対応しているか確認しておきましょう。

容量

SDカードは、容量によって3つの種類があります。最近の一眼レフなら、ほとんどの機種で全てのSDカードに対応しているはずです。

名称保存容量カードの価格
SDカード〜2GB安い
SCHCカード4 〜32GB標準
SDXCカード64GB〜高い

以前は高価だったSDXCカードも、最近ではかなり安くなっています。
迷ったらSDHCカードSDXCカードを買うことをオススメします。

最近のカメラは高性能なので、撮影した写真のファイルサイズも大きくなっています。
容量の小さいSDカードを買うとすぐに一杯になってしまうこともあるので、32GB以上のカードがオススメです。

オススメのSDカード

転送速度

SDカードの転送速度は、「class ○○」とか、「UHS-○○」とか「V○○」とかの規格で表されます。

スピードクラスUHSスピードクラスビデオスピードクラス最低転送速度
class 44MB/s 以上
class 6V66MB/s 以上
class 10UHS-Ⅰ U-1V1010MB/s 以上
UHS-Ⅰ U-1V3030MB/s 以上
V6060MB/s 以上
V9090MB/s 以上

転送速度がある程度ないと、「シャッターを押した後、保存に時間がかかってしまってなかなか次のシャッターが押せない!」といったことが考えられます。

とはいえ、写真を撮影するだけなら転送速度の低いSDカードでも十分です。
ただし、一眼レフを使って動画を撮りたいという人は、転送速度の高いSDカードを選ぶようにしましょう。

写真撮影にオススメのSDカード
動画撮影にオススメのSDカード

カメラバッグはインナーバッグがオススメ

カメラはどうやって持ち運びますか?

実物を触るとわかりますが、一眼レフはレンズも本体もかなり繊細です。
僕は臆病なので、直接カバンに突っ込んで持ち歩いていたらすぐに壊れそうで、ドキドキ分度器です。

カメラを持ち運ぶには、専用のカメラバッグというものがあります。
しかし、カメラバッグ、正直ダサいものばかりで、デザインが良いカメラバッグがほとんどありません。adidasのマジックテープの財布くらいダサいです。

中にはかっこいいカメラバッグもあるのですが、かっこいいカメラバッグはめちゃくちゃ高いです。きっとこうなるはずです。

村人A
村人A
ダサいカメラバッグは使いたくないけど、一眼レフを買うって時にカメラバッグまで高いの買うなんて無理…。

そこでおすすめなのが、インナーバッグです。これを使うと、いつも使っているお気に入りのカバンがカメラバッグになるという超優れものです。

カメラの持ち運びにオススメの格安インナーバッグ

HAKUBA インナーカメラバッグ 300サイズ

このインナーカメラバッグを使えば、一眼レフを安全、かつオシャレに持ち運ぶことができます。

僕が買ったのはHAKUBAというメーカーのインナーカメラバッグです。
HAKUBAの300サイズで、NikonのD5300のダブルズームキットをぴったり持ち運ぶことができます。

ただ、望遠レンズは若干キツいかなという感じなので、余裕を求めるなら400サイズがいいかもしれません。

レンズフードとレンズカバーを買えばかっこよくなる

どうせなら一眼レフ、かっこよく使いたいと思いませんか?僕は思います。

そこでオススメなのが、レンズフードというアイテムです。これをつけるだけで、あなたのカメラがめちゃめちゃイケてるっぽくなり、彼女ができて病気も治るし宝くじもあたります。

レンズフードを被ったNikon D5300

この、レンズの先端についているチューリップのような物体がレンズフードです。レンズが延長されてバズーカのようになり、望遠レンズだとさらに兵器感が増します。

レンズフードのメリット

実はこのレンズフード、何かとお役立ちのすごいヤツなのです。

  1. 見た目がイケメンになる
  2. レンズを落とした時の衝撃や破損から守ってくれる
  3. ゴーストやフレアなどの光の斑点を写真から消してくれる
  4. 見た目がイケメンになる
  5. レンズに触れてしまうことを防いでくれる
  6. 見た目がイケメンになる

首にかけていて転倒した時でも、レンズフードがあれば地面に直接レンズが当たって割れてしまうのを防ぐことができますし、見た目がイケメンになります。

あなたもレンズフードが欲しくなってきたと思います。Amazonや電気屋さんを見ると、レンズフードとレンズカバーがセットになっているものもたくさんあります。

レンズカバーは、レンズの先端につけることのできる薄いガラスで、こちらもレンズを守るのに必須のアイテムです。ぜひセットで買っておきましょう。

また、レンズフードは、簡単に取り外して逆さまにつけることができるので、収納するときはレンズが長くなることもなく、かさばりません。
サイズの合っているものを買えば、レンズフードやレンズカバーをつけたままレンズキャップをつけることもできるので安心してください。

一眼レフと一緒に必須アイテムもそろえよう!

以上、一眼レフと一緒に買いたい必須アイテムを3つ紹介してみました。

せっかく一眼レフを買うなら、綺麗な状態で壊さないように使いたいですよね。
カメラを壊したり傷つけて、精神を壊したり傷つける前に、最低限のアイテムをそろえておくことをオススメします。

この記事では紹介しませんでしたが、カメラの液晶に貼る保護フィルムもオススメです。高いものではないので、液晶が割れたり傷がついてしまう前にこちらも買っておきましょう。

みなさんも、安全なカメラで快適なカメラライフを楽しみませんか?

それでは。

ABOUT ME
ウォッシャブル池田
ウォッシャブル池田
愛知県名古屋市出身。現在は東京に住んでいます。基本的にどうしようもないオタクですが、「そこにあるだけでなんか良い感じ」のものが好きです。購入レビューとか、欺瞞と偏見に満ちたどうでもいいことをゆるく更新しています。