ゲーム

FPSのエイムを上達させたければ、絶対にエイムリングを買ったほうがいい|オススメのエイムリング1選

片親は箸をまともに持てない。

どうも。ウォッシャブル池田(@Trickster_EP)です。

ウォッシャブル池田
ウォッシャブル池田
いきなりですが、PS4やSwitchなどの据え置き機でFPSをやっている方は、FPSフリークゲーミングヘッドセットを必ず買いましょう。

と言うのは前から言い続けていますが、実はFPSフリークの他にも有名なエイム補助アイテムがあります。

それは、エイムリングです。

エイムを上達させるための二大補助アイテムが、FPSフリーク(エイムアシストキャップ)とエイムリングであると言っていいでしょう。

どうせFPSやるならキルしたいですよね。
みなさんも、死体撃ちしてきた敵を撃ち合いでボコボコにして「死体撃ちはやめたほうがいいよ。負けて恥ずかしい思いするんだから。」ってファンメ送りたいですよね。

僕はレインボーシックスシージ(R6S)というタクティカルリアルシューティングジャンル(早口)のFPSゲームを中心に、CoD(BO4)などをプレイしていますが、フォートナイトやBF、オーバーウォッチ、PUBGなどはもちろん、スプラトゥーンなどでも基本は同じです。

FPSの上達の要素は、

  • エイム
  • 立ち回り

の2つです。

エイムが上達すれば素早く敵に照準を合わせてキルできますし、ヘッドショットも当然狙いやすくなります。

ドラッグショットリコイルコンロールが楽になるため、キルレも上がるし楽しいし、いいこと尽くめです。

そして、

  • エイム力を上げるためには、繊細なスティック入力をすること
  • 立ち回りを良くするためには、音を聞くこと

が大切です。

そして、繊細なエイム・プレイングをするために役立つのが、エイムリングと呼ばれるコントローラーに装着するアタッチメントです。

なぜエイムリングなどのアタッチメントが必要?

エイムリングをつける理由は、ただ一つ、エイムを良くするためです。

たくさんの理由があるわけではありませんが、FPSプレイヤーなら、「エイムがよければ勝てたのに」「ヘッドショットに入ってさえいれば」「は?アイツ回線ラグすぎだろマクドナルドのWi-fiでやってんのかよ」という瞬間が必ずあると思いますし、エイムを良くすることの大切さは身に染みてわかるのではないでしょうか。

エイム力を向上させれば、単純に照準が合わせやすくなるので、キルが取りやすくなります。

細かい部分が狙いやすくなるので、ヘッドショット率も上がりますし、急にエイムを動かすいわゆるドラッグショットや、銃の反動を制御するリコイルコントロールもやりやすくなります。

コントローラーにエイムリングをつけることによってエイムが良くなるのは、次のような理由があります。

エイムが良くなる理由
  1. スティックの抵抗が増えて入力が細かくなる
エイムリングを装着したDUAL SHOCK 4 卑猥

エイムリングをつけるとエイムが良くなるのは、細かい操作が可能になるからです。

エイムリングをつけると、何もつけていない状態に比べてスティックを倒す時にたくさんの力が必要になります。

つまり、エイムリングをつけた場合は、同じだけエイムを動かそうと思ったらより強い力で倒すことが必要になります。

逆に言うと、アシストキャップをつけていない時と同じ力で方向パッドを倒すと、エイムの移動距離が少なくなります。

これが、繊細な操作ができるようになる理由です。

繊細な操作をしようと思っても、指での入力を細かくするのはなかなか難しいですよね。
しかし、エイムリングをつけることで、同じ力で操作しても実際にゲーム機に伝わる入力が細かくなるため、より繊細な操作ができるようになり、エイムが向上します。

一番のオススメアシストキャップはGAIMX CURBX

コントローラーに付けるアタッチメントは、いくつか種類がありますので、自分に合ったものを使うのが良いと思います。

ただ、安いエイムリングは、耐久性がなくてすぐにボロボロになってしまったり、固さが合わなかったりするのであまりオススメできません。
僕も最初は、「エイムリングをつけても本当にエイムが良くなるのかな?」と懐疑的だったので安いものを何個か試しました。

しかし、安いものはどれも操作に慣れるまでの違和感が大きかったり、すぐにボロボロになって粉が出てきてしまったりしたため、すぐに外してしまいました。

そして僕がいくつか試した上で最終的に使っているのは、GAIMX CURBXです。

エイムリング、GAIMX CURBXの使用感レビュー

エイムリング GAIMX CURBX MOTION CONTROLはPS4やSwitchのプロコンに対応していて、トーナメントなどでの使用も承認されてる安心の定番商品です。
実際にPS4版のプロプレイヤーも使用しています。

GAIMX CURBX MOTION CONTROL(モーションコントロール)

GAIMX CURBXが使いやすい理由は、その使用感、操作感です。

やはり、エイムを良くするために使っている道具なので、精度はもちろん、操作しやすくなければ意味がありません。

GAIMX CURBXは、さすがに有名品だけあって、硬さがかなり絶妙に設計されており、気持ちのいい操作感を産み出しています。

僕は、安いものを含めて他社の類似品をいくつか使ってきましたが、GAIMX CURBXは使い始めてから慣れるまでの早さが一番でした。

特に高感度でのプレイングがかなりしやすくなりました。
元の感度より上げて使うことで、後ろに敵がいた時にすぐに振り向いて撃ち返したり、ばったり出くわした時に相手の側面に回り込んだりする撃ち合いがかなり強くなりました。

ただし、方向パッドの入力がもちろん固くなるため、慣れるまで多少の時間がかかる人もいます。

僕の場合でも、慣れるまでには半日ほどかかりましたし、そこから自分にあった感度を見つけるのにさらに半日くらいかかってしまいました。
しかし、自分使いこなせるようになってからはかなり操作がしやすくなっています。

自分に合った硬さを見つけられるスターターキットが最強

GAIMX CURBXを僕がオススメしたい点として一番大きいのが、自分にあった硬さを見つけやすいという点です。

エイム感度の設定と同じで、エイムリングは人によって合う硬さ、合わない硬さというものがあります。
安物のエイムリングがなかなか合わないのもこれが大きな理由です。

しかし、GAIMX CURBXのエイムリング、MOTION CONTROLには、6つの硬さが1個ずつ入ったスターターキット(サンプルキット)が存在します。

はじめてのエイムリングは絶対にこれを買うべき
GAIMX CURBX

上の図に加えて最も柔らかい「#80」という硬さが付属していて、

  • #80
  • #100
  • #130
  • #160
  • #200
  • #230

という6段階の硬さから自分にあった硬さのエイムリングを見つけて使うことができるようになっているのです。

FPSフリークは誰でも使えるアタッチメントだと思いますが、エイムリングは人によって合う合わないが大きいため、6段階から選べるのはかなり嬉しい仕様です。

ちなみに僕は、#100(多分オレンジ(私、ウォッシャブル池田は色弱なので色がわかりません(エンジニアをつけると敵のメッシュマインが草に隠れます)))の硬さのエイムリングを使っています。

レインボーシックスシージ(r6s)にオススメの感度設定

新兵
新兵
レインボーシックスシージ(r6s)の感度はどれくらいがいいですか?

よく質問されることでもありますが、みんな一度は「感度はどれくらいがいいんだろう?」と思うのではないでしょうか。

これに関しては、これを言ったらおしまいではありますが、「自分にあった感度が一番いい」としか言いようがありません。

PS4版のプロプレイヤーですら、人によって感度はバラバラです。

これはPS4版のあるプロプレイヤーの感度です。

Aさん
  • X軸:100
  • Y軸:100
  • エイム感度:100
Bさん
  • X軸:50
  • Y軸:30
  • エイム感度:35

このように、超高感度でやっている人もいれば、そこそこの感度、低感度でやっている人までさまざま。

高感度が有利になるのはドラッグショットや振り向きエイム(急に後ろ向いて撃つ奴)をする時だと思います。
しかし、特にレインボーシックスシージ(r6s)のようなFPSは、ある程度立ち回りでカバーができるため、低感度だから弱いという訳ではありません。

そのため、自分にあった感度が一番いい感度です。

ちなみに、僕のレインボーシックスシージ(r6s)での感度はこんな感じでした。

X軸75
Y軸35
エイム感度28
が、エイムリングをつけたことで、感度をあげています。
X軸100
Y軸40
エイム感度28

感度100というとバケモノみたいな早さに感じるかもしれませんが、エイムリングとFPSフリークを併用して付けているので、かなり繊細な操作ができています。

一応、Y3S4時点でゴールド2ですが、撃ち合いはそんなに強くないのであくまで参考程度にしてください。

ちなみに、CoD(BO4)では、横感度が14(最高感度)、エイム時が0.75倍でプレイしています。

FPSフリーク(FPS Freek)との併用もオススメ

FPSフリーク(FPS Freek)との併用ができる点もエイムリングのメリットです。

FPSフリークはコントローラーの方向スティックに被せて使うアタッチメントで、PS4やSwitchをプレイしている全人類が使うべき、なんなら最初からコントローラーについていて欲しいくらいの素晴らしいアタッチメントです。

エイムリングは、そんなFPSフリーク(FPS Freek)と併せて使うことでさらにエイムがしやすくなります。

FPSフリーク(FPS Freek)とエイムリングを併用

実際にエイムリングと併用して装着するとこんな感じです。

FPSフリーク(FPS Freek)の詳しい使用感などのレビューは、別記事で書いているのでよかったら読んでみてください。

まとめ

ここまで、FPSのプレイにはアシストキャップなどのアタッチメントをつけた方がいい理由と、オススメエイムリングのGAIMX CURBXをレビューしてきました。

僕も、少しでもFPS、エイムが上手くなりたいと思って色々なアタッチメントを試してきました。

いろんなアタッチメントを買って、あまり効果が感じられなかったり、使いにくかったりとかなり無駄な買い物もありましたが、その末にたどり着いた答えが

エイムリング+FPS freek(FPSフリーク)

でした。
この組み合わせを発見してからはFPS人生が変わりました。

繰り返しになりますが、特にドラッグショットリコイルコントロールがかなりしやすくなった上に高感度でのプレイングが可能になりました。

エイムの精度ももちろんですが、操作のストレスが減って、よりゲームを楽しめるようになります。

記事を書くにあたって、一度アタッチメントを外してプレイしてみましたが、もう裸のコントローラーでは何もできなくなってしまいました。

そのくらい革命的なアイテムなので、FPSをプレイしている方は是非試してみてください。

僕がオススメするGAIMX CURBXのスターターキットは、Amazonでしか探せなかった(楽天にもあったけどAmazonより高い)ので、他で見つけた人は教えてください。

これ

また、冒頭で、FPSにとって大切なのは

  • エイム力を上げるためには、繊細なスティック入力をすること
  • 立ち回りを良くするためには、音を聞くこと

と言う話をしましたが、「音を聞く」ために必須のゲーミングヘッドセットについてもレビューしてみました。

レインボーシックスシージやCoD(BO4)などのFPSは音を聞くことがかなり大事なので、正直、PS4付属のイヤホンやテレビのスピーカーとゲーミングヘッドセットではかなりの差が出ます。

もし、ヘッドセットを持っていない方がいたらこちらもぜひチェックしてみてください。

それでは。

ABOUT ME
ウォッシャブル池田
ウォッシャブル池田
愛知県名古屋市出身。現在は東京に住んでいます。基本的にどうしようもないオタクですが、「そこにあるだけでなんか良い感じ」のものが好きです。購入レビューとか、欺瞞と偏見に満ちたどうでもいいことをゆるく更新しています。