ガジェット・家電

オタクにオススメの格安SIM(MVNO)ナンバーワンはLINEモバイル|評判や乗り換え方法など

車のミラーのところに大麻の形した葉っぱぶら下げてる男は女をグーで殴る。

どうも。ウォッシャブル池田(@Trickster_EP)です。

この記事では、LINEモバイルについてまとめてみます。

今、docomoやsoftbank、auなどの大手キャリアに月にいくらくらいのスマホ代を払っていますか?
僕は前にdocomoとauを使っていましたが、月に約7,000円前後のスマホ代を払っていました。

月に7,000円だとすると、1年間のスマホ代は7,000円 × 12ヶ月 = 86,000円になります。

これ結構バカになりませんよね。
そんなスマホ代を安くしてくれるのがLINE MOBILE(LINEモバイル)です。

LINE MOBILE(LINEモバイル)をうまく活用すれば、月々のスマホ代を3000円以下にすることもできます。

僕の場合は、月7,860円払っていたスマホ代を、LINEモバイルに変えてから月2,500円くらいにすることができました。
もちろん、インターネットも今まで通り使っていますし、通話料もコミコミでの値段です。

そこでこの記事では、LINEモバイルってなんなの?というお話から、LINEモバイルへの乗り換え方法までざっと説明していきます。

LINEモバイルってどんな格安SIM?料金プランは?

LINE MOBILE(LINEモバイル)とは、LINE株式会社の子会社であるLINEモバイル株式会社による、「格安スマホ」「格安SIM(MVNO)」と言われるサービスの一つです。

MVNOと言われても聞きなれない人もいるかと思います。
正確には少し違うのですが、LINEモバイルは新しいケータイ会社のようなものだと思って大丈夫です。

めちゃくちゃ簡単に言うと、今までのdocomo、softbank、auに加えて、LINEモバイルも選べるということです。

LINEモバイルの料金プラン

LINEフリープランコミュニケーションフリープランMUSIC+プラン
月額基本料500円〜1,100円〜1,810円〜
カウントフリー対象サービス

LINE MOBILE(LINEモバイル)の料金プランは、3種類あります。

そして、どのプランにも共通しているのが、カウントフリーという仕組みです。

カウントフリーは、LINE、Twitter、Instagram、Facebookなどが使い放題になるとてもお得なシステムです。

しかも、カウントフリーの対象となるサービスは、もし他のアプリを使いすぎて通信制限がかかっても、ずっと高速で使うことができます

カウントフリーの対象となるサービスは、プランによって違います。

  • LINEフリープラン:LINE
  • カウントフリーフリープラン:LINE、Twitter、Facebook、Instagram
  • MUSIC+プラン:LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

基本的には、LINE、Twitter、fackbook、Instagramが使い放題となるコミュニケーションフリープランがオススメです。
LINE MUSICを頻繁に使う方は、MUSIC+プランにすると、LINE MUSICもカウントフリーになります。

オススメはコミュニケーションフリープラン

容量データSIM(SMS付)
(データ通信+SMS)
音声通話SIM
(データ通信+SMS+音声通話)
3GB1,100円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

LINE MOBILE(LINEモバイル)のコミュニケーションフリープランは、3GBから10GBまでの容量を自由に選んで使うことができます。
もちろん、月の途中で足りなくなったら追加もできます。

料金プランは2種類あって、電話のできない「データSIM(左)」と、電話のできる「音声通話SIM(右)」に分かれます。

基本的には、右の音声通話SIMを選ぶことになると思います。
「データSIM(左)」のプランでもLINE通話は無制限に使えますが、電話番号なども取得できなくなってしまうため、電話がいらない人はそうそういないと思います。

なので、基本的には「音声通話SIM(右)」の料金を見てもらえれば大丈夫です。

スマホ本体の料金は別払い

ただし、上記の料金表には、スマホ本体の料金は含まれていません。

これまでは、通信料金と本体料金をセットで払っていたと思います。
LINE MOBILE(LINEモバイル)に乗り換えると、通信料金と本体料金を別で払うことになります。

だから、例えば、通信料金(1,690円)+本体料金(2,500円)=4,190円という感じです。
なので、必ずしも、スマホ代が1000円ちょっとになるわけではないので注意です。

逆にいうと、2年縛りが終わっていて本体料金が0円の人は、LINE MOBILE(LINEモバイル)に乗り換えると、通信料金だけで使えます。

コミュニケーションフリープランの3GBなら、通信料金(1,690円)+本体料金(0円)=1,690円で使えてしまうということです。

docomoとsoftbankの人はそのまま使える!

LINE MOBILE(LINEモバイル)には、docomoとソフトバンクの回線が用意されています。
なので、docomoかsoftbankを使っている人は今のスマホをそのままで安くすることができます。

もちろん、通信回線を変更するだけなので、アプリが消えたりデータが消えたりすることもなく今のスマホがそのまま使えます。

auの人はSIMフリー化が必要

ただし、LINE MOBILE(LINEモバイル)には、auの回線は用意されていません。

そのため、auからLINEモバイルに乗り換えたいなら「SIMフリー化」という手続きを済ませてから乗り換える必要があります。

SIMロックを解除してSIMフリースマホになったら、そのままLINEモバイルに乗り換えることができます。

LINEモバイルのiPhone料金シミュレーション

旅人A
旅人A
どれくらい安くなるの?具体的に教えて
ウォッシャブル池田
ウォッシャブル池田
いい質問でつねえw実際にiPhoneで使った時にどれくらいの値段になるのかシミュレーションしてみましょうw

ちなみにAndroidスマホでは少し料金が変わりますが、ほぼ同じように安くできると考えてもらえればオッケーです。

iPhone6をLINEモバイルで使った時の料金

こちらは、iPhone6をLINEモバイル(5GB)で使った場合と、docomo(5GB)で使った場合の比較です。

docomoでは月6,826円もの料金がかかっていたのに、LINEモバイルに乗り換えると月2,220円で済むのです。
つまり、月に約4,500円(1年間で54,000円)もスマホ代が安くなる計算です。

iPhone6などのスマホは、もう本体料金(2年分割)を払い終えてしまっている人がほとんどだと思います。
そういう人がLINEモバイルに乗り換えると一番おトクになります。

LINEモバイルなら、通信料金(1,200円〜)+通話料金(使った分だけ、LINE通話は無料)で使うことができるので、スマホ代を格段に安くすることができます。

大手キャリアで古いスマホでも必要以上に料金を払い続けていた方は、LINEモバイルに乗り換えるとそれが全くなくなるのでお得になります。

iPhone8をLINEモバイルで使った時の料金

最新のiPhone8やiPhoneXも、LINEモバイルを使った方がかなり安くつきます。

iPhone8に機種変更した時、LINEモバイル(5GB)と、docomo(5GB)で比較してみましたが、合計で約9万円も差が出ることがわかります。

1年目は大手キャリアの方が安いですが、2年目以降も高いままなので結果的に損になってしまいます。

一方LINEモバイルでは、1年目でiPhone8の本体料金(78,800円)を払い終えれば2年目は通信料金(1,200円〜)+通話料金(使った分だけ、LINE通話は無料)で利用できるので、かなり安くつきます。

LINEモバイルのメリット|評判と評価は?

LINE MOBILE(LINEモバイル)なら、スマホ代が安くなるだけではありません、

LINEモバイルのメリットはたくさんあるのですが、実際に僕がLINEモバイルを2年間使ってみてよかった点を紹介します!

LINEモバイルのメリット
  1. 主要SNSが使い放題のカウントフリー!その威力は?
  2. 毎月LINEポイントが還元される!
  3. 年齢認証、ID検索が使えるのはLINE MOBILE(LINEモバイル)だけ!
  4. データの繰越・データプレゼントができる
  5. 「いつでも電話」で通話料を半額に!
  6. 全国約49,000ヶ所のスポットでWi-fiが使える
  7. PTA推薦のフィルタリングサービスが月額無料で使える!
  8. 画面が割れても大丈夫!格安の端末保障サービス
  9. 「いつでもヘルプ」でわからないことが聞ける!
  10. 月額基本利用料が初月無料
  11. 大手キャリアのような2年縛りはなし

主要SNSが使い放題のカウントフリー!その威力は?

このグラフは、ユーザが全データ通信量のうちどれくらいをカウントフリー対象サービスに利用しているかをLINEモバイルが調べたものです。

使用する全データ通信量のうち約30%をカウントフリー対象サービスに利用していることがわかりました。

カウントフリー対象のサービスは使い放題なので、平均で30%も通信料が節約できることになります。

余った通信料は同じLINEモバイルユーザにプレゼントもできますし、今10GBで契約している人ならそもそもの契約を7GBに変えてスマホ代を安くしてしまうこともできます。

僕の場合は、LINE、Twitter、Instagram、facebookの通信量が全体の半分以上でした。
そのため、
今までdocomoで月に8GBくらい使っていたのが、LINEモバイルに変えてからは3GBのプランでも余るくらいになりました。

自分がいま、どれくらいカウントフリー対象サービスを使っているかは、次の方法で調べることができます。

  • iOS:「設定」→「モバイルデータ通信」で確認
  • Android:「設定」→「データ使用量」で確認

容量の見方は、1,000KB≒1MB、1,000MB≒1GBです。つまり、簡単にいうとGBとなっているものは通信量を多く使っているんですね。
ちなみに僕は、こんな感じでした。

Twitterしすぎ

赤線で囲ったところが、カウントフリー対象のサービスです。
こうしてみると、通信量の多いアプリが全部使い放題になっているので、とてもおトクですね!

なので、僕のようにLINEやTwitter、InstagramなどのSNSをよく使う人は、特にお得に使うことができます。

毎月LINEポイントが還元される!

LINE MOBILE(LINEモバイル)では、使った月額料金に応じてLINEポイントが付与されます。

ポイントの還元率は月額基本料金の1%分です。

貯まったLINEポイントはLINEスタンプやきせかえに使ったり、コンビニなどの買い物に使えるLINE Payにチャージできます。

それ以外にも、Amazonギフト券やnanacoポイント、JALマイレージバンク、Pontaポイント、メトロポイントに交換したり、スターバックスのギフトカード付きドリンクチケットやiTunesギフトコードに交換してプレゼントすることもできます。

年齢認証、ID検索が使えるのはLINE MOBILE(LINEモバイル)だけ!

LINEでは青少年保護のため、ID検索を使うために年齢認証が必要になります。

docomo、au、softbankといった大手キャリアは年齢認証に対応していますが、通常、格安SIMでは年齢認証が利用できません。

しかし、格安SIMの中でもLINE MOBILE(LINEモバイル)だけは申し込み時に本人確認を行うことで、格安SIMで唯一年齢認証とID検索が利用できます。

データの繰越・データプレゼントができる

大手キャリアと違って、LINE MOBILE(LINEモバイル)では、あまったデータ量を翌月に繰り越して使うことができます。

僕も、このおかげでかなりパケットが減りにくくなりました。

しかも、LINE MOBILE(LINEモバイル)では、LINEでつながっている友だちや家族にデータ通信量をプレゼントすることができます。

データ通信量を繰り越しても、データ通信量を使い切って速度制限がかかってしまった場合は、LINEのトーク画面で家族や友だちに「データプレゼント」をお願いすることもできるのです。

僕は友達がいないので使ったことがありませんが、プレゼントはLINEのトーク画面から簡単に行うことができます。

「いつでも電話」で通話料を半額に!

いつでも電話 - LINEモバイルの通話料がお得に -

いつでも電話 – LINEモバイルの通話料がお得に –

posted withアプリーチ

LINE MOBILE(LINEモバイル)は通話料が安いのも大きなメリットなんです。
スマホの通話料は20秒/30円(1時間2,400円)かかっているのですが、「いつでも電話」という公式アプリを使うことで、通話料を半額(10秒/30円)にすることができます。

格安SIMというと通話料が高くなるイメージがある人もいるかもしれませんが、実はLINEモバイルなら通話料まで安くできるということですね。

10分かけ放題も使える!

さらにLINE MOBILE(LINEモバイル)では、「10分電話かけ放題オプション」を月額880円でつけることができます。

「10分電話かけ放題オプション」は、10分以内の通話なら無制限に何度でも無料でできるサービスです!

  • 毎日のように保育園に電話する
  • 細かい仕事の電話が多い
  • 家族とよく電話する

といった人にはオススメです。

逆に、僕のようにほとんどの電話をLINE電話で済ませてしまう人なら、「いつでも電話」を使うだけでかなり通話料が節約できると思います!

LINEモバイルはLINE通話なら通信量もかからないので、うまく使い分ければかなりおトクに電話が使えるようになります。

全国約49,000ヶ所のスポットでWi-fiが使える

LINE MOBILE(LINEモバイル)には、月額たったの200円で加入できるWi-fiオプションが用意されています。
しかも、最初の2ヶ月間は月額利用料が無料で利用できます。

もちろんWi-fiにつないでいる間は通信量が全く減らないので、動画も見放題ですし、うまく使えばかなり通信量を節約できます。

また、このWi-fiオプションは契約していれば、スマホだけでなくパソコンやタブレットでも使うことができます。

簡単な初期設定を行うだけで、自動でWi-Fi接続をしてくれるようになるので、通信量がかなり節約できるようになります

Wi-fiスポットがどこにあるかは、下のリンクから簡単に検索できるので探してみてください。

Wi-fiスポットを探す

PTA推薦のフィルタリングサービスが月額無料で使える!

そんな人こんなブログ読んでないと思いますが、お子さんにLINEモバイルを使わせたいという親御さんもいらっしゃるかと思います。

LINE MOBILE(LINEモバイル)では、日本PTA全国協議会から推薦され、全国31,000校以上の小中高で採用されている、通常は月額324円の「i-フィルター」月額無料で使うことができます。

「i-フィルター」では利用時間の制限や位置情報の確認、利用状況のメール通知など多くのフィルタリング機能が利用できます。

i-フィルター(アイフィルター)

画面が割れても大丈夫!格安の持込端末保障サービス

LINE MOBILE(LINEモバイル)では、月額500円持込端末保障サービスが用意されています。

このサポートに入っておけば、画面が割れたり水没してしまっても4,000円で新品と交換してくれます。
docomoやAppleなど、他の場所で買ったiPhoneやAndroidスマホでも保障の対象です。

もしLINEモバイルで端末を買った場合は月額450円で保障に入れる端末保障プランもあります。

一応、上限額は50,000円ですが、修理で5万円を超えることはなかなかないと思うので、万が一の時に安く修理できるのは安心です。

ただし、LINEモバイルの持込端末保障は、新規契約時にしか申し込みできないので注意が必要です。

「いつでもヘルプ」でわからないことが聞ける!

LINE MOBILE(LINEモバイル)の特徴的な機能のひとつがLINEのトークを使って問い合わせができる「いつでもヘルプ」です。

もちろん、電話やメールでわからないことを問い合わせができますが、メールは回答までに時間がかかりますし、電話は10:00〜19:00までしか対応してくれません。

「いつでもヘルプ」ならLINEのトーク画面から気軽に問い合わせが可能で、電話のように長い順番待ちもありません。
また、オペレーターへの問い合わせは10:00から19:00までですが、自動応答なら24時間受け付けています。

LINE MOBILE(LINEモバイル)は、他の格安SIMに比べて、わかりやすく、誰でも使えるように設計されています。
初めての格安SIMでしっかりサポートして欲しい場合も、LINEモバイルなら安心できると思います。

月額利用料が初月無料

LINE MOBILE(LINEモバイル)は、利用開始日~月末までの最大1ヶ月間、月額基本利用料が0円です。

一番料金が高いMUSIC+プランの10GB契約の場合は、最大3,520円が無料になります。

利用開始日から月末までが無料になるので、5月からLINEモバイルに変えるなら、5/1に変えるのが一番お得ということになります。

LINEモバイルのデメリット・注意点は?

LINE MOBILE(LINEモバイル)に乗り換えるとスマホ代が安くなるし、SNSが使い放題になったり、手堅いデータ通信量の補助やサポートが受けられます。

が、その反面、LINEモバイルのデメリットもあります。

僕はLINEモバイルに乗り換えて不便になったことはありませんが、乗り換えて不便になる人もきっといると思いますので、以下の注意点はしっかりと確認しておきましょう!

  1. 通信速度はお昼に落ちることあり
  2. かけ放題が使えない
  3. キャリアメールが使えない

LINEモバイルは繋がらない?通信速度が遅くなる?

LINE MOBILE(LINEモバイル)は、docomoの回線を提供しているので、LINEモバイルに変えたからといって山や地下、ビルの中で繋がりにくくなるということはありません。

ただし、LINEモバイルにすると、大手キャリアよりも通信速度が遅くなる傾向があります
通信速度を表す単位にMbpsというものがあるんですが、大手キャリアが平均20Mbps出るとしたら、LINEモバイルは平均5〜10Mbps程度の速度になりますね。

でも、実はスマホって2〜3Mbpsあればかなり快適に通信できます。
ネットはサクサク見れますし、もちろんLINEやTwitterやゲームをはじめとしたアプリもサクサク動きます。

だから体感速度的にはLINEモバイルと大手キャリアはほとんど変わりません。

ただし、お昼休みにはちょっと通信速度が遅くなることがあります。

LINE MOBILE(LINEモバイル)は大手キャリアとは違って回線を借りて運営しています。そのため、回線が混雑する時間帯だと一時的に速度が落ちてしまうことがあるのです。

特に、お昼休みの時間はみんなが一斉にスマホを使うので回線が混雑し、通信速度はどうしても落ちてしまいます。

LINEやTwitterを見たりするのには全く問題ありませんが、動画を見る人や3Dゲームをする人は、お昼の時間にWi-fi環境がない場合は少し注意したほうがいいかもしれません。

完全カケホーダイが使えない|通話料が高くなる?

LINE MOBILE(LINEモバイル)には、10分かけ放題はありますが、完全かけ放題はありません。

なので、長電話をよくする人は通話料金が高くなってしまうかもしれません。

目安としては、1ヶ月に2時間以上電話する場合はLINEモバイルの方が通話料は高くなってしまいます。
大手キャリアのかけ放題は、毎月2,700円もの料金がかかっていますので、これだけの料金分を電話しないなら大丈夫です。

一方でLINEモバイルの通話料金は20円/30秒ですが、「いつでも電話」を使えば、通話料は半額に抑えられます。これなら、1時間あたり1,200円くらいしかかかりません。

また、LINEモバイルならLINEの無料通話を使えば通話料も通信量も一切かかりません。

なので、長電話をする時はLINE通話を使う、というようにすれば「LINEモバイルにすると通話料が高くなる」といったことはほとんどないはずなので、その点は安心をしてもらって大丈夫だと思います。

LINEモバイルではキャリアメールが使えない

LINEモバイルに乗り換えると大手キャリアを解約することになるので、キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)は使えなくなります。
そのため、フリーメール(GmailやYahooメール)を使うように変えることになります。

今はLINEでのやり取りがメインの方も多いのでこれは大きなデメリットではないかもしれませんが、注意が必要です。

LINEモバイルの乗り換え・MNP方法はこれだけ!

大手キャリアからLINE MOBILE(LINEモバイル)に乗り換える方法は以下の通りです。

LINEモバイルへの乗り換え手順
  1. MNP予約番号を入手する
  2. mineoに契約を申し込む
  3. APN設定(ネットワーク設定)をする
  4. MNP転入切替をする

※は新規電話番号で乗り換える場合は不要

LINE MOBILE(LINEモバイル)に乗り換えをする方法は以上の4stepだけで完了です。
初期設定までぜんぶ含めてこれだけなので、そんなに難しい手続きではありません。

「MNP」とか「APN設定」とか難しい言葉がでてきますが、実際の乗り換えは意外と簡単です。

まとめ

LINEモバイルがどんなサービスなのかをざっとまとめてきました。

ずっと大手キャリアを使っていると、LINEモバイルなどの格安SIMへの乗り換えは難しそうに感じるかもしれませんが、実際やってみると意外と簡単に乗り換えできます。

LINE MOBILE(LINEモバイル)に乗り換えると誰でも月2,000〜3,000円は安くできますし、僕のように月5,000円近くも安くできる場合だってあります。

しかも、今なら、SNS使い放題 新・月300円キャンペーンというのをやっていて、2018/11/7(水)~2019/1/31(木)の間に契約すると、月額基本利用料が3ヶ月間1,390円割引になるみたいです。

スマホ代が高いままだとどんどん損をしていってしまうので、ぜひこの機会に、あなたもLINEモバイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

LINEモバイル公式サイト

ABOUT ME
ウォッシャブル池田
ウォッシャブル池田
愛知県名古屋市出身。現在は東京に住んでいます。基本的にどうしようもないオタクですが、「そこにあるだけでなんか良い感じ」のものが好きです。購入レビューとか、欺瞞と偏見に満ちたどうでもいいことをゆるく更新しています。